現代の日本では、常に高齢化社会への変化が心配されるようになっています。
特に働くことの出来ない高齢者などの場合は、どのようにして生活を維持していくかという点に注目が集められるようになっており、個人年金への加入を希望する人が増えつつあります。

個人年金加入の必要性

では個人年金の必要性は本当にあるのでしょうか。

 

年金パターンによっても異なる

これはそれぞれの人の年金のパターンによって変わってきます。
まず日本の年金制度では、どのような人であっても何かしらの年金には加入するということになっています。
会社員などの場合であれば厚生年金、行員などの場合は共済年金です。
これらのタイプは給与天引きという形で支払われるのが通常ですが、給与をもらうわけではない自営業者や学生、主婦といったような人に関しては国民年金での対応をすることになります。

 

それぞれの年金の年額としては、厚生年金が150万円から250万円、共済年金が160万円から270万円、そして国民年金が70万円前後という形になっています。
国民年金に関してはそれぞれの人によって加入期間が異なっていたり、制度を利用した減免などもありますから多少の個人差がありますが、夫婦ともに国民年金をもらうことが出来るようになったとしても年額で140万円程度ということになってしまいます。

 

必要な資金を考える

次に確認しなくてはならないのが、「老齢者が生活していくために必要な資金はいくらか」ということです。
これは生命保険文化センターの意識調査によれば、夫婦二人が老後生活を送る上では一月あたり平均22.3万円が必要とされています。
月々22.3万円が12ヶ月ということで計算をすると一年あたり267.6万円の資金が老後には必要になるということになるのです。
もちろん自宅が持ち家であったり、息子・娘家族と同居するというような場合にはここまでの費用は必要になりませんが、仮に一年間で267.6万円の資金が必要になると仮定すると、国民年金では大きく不足をするということになってしまうのです。
また厚生年金や共済年金であったとしても場合によっては充分な費用を確保できない場合がありますから、何らかの形で財物を貯蓄しておくべきと考える人が増えているのです。
そしてこの「老後にも使用できる財物」として選択されているのが個人年金ということになります。

自分のケースではどうか具体的に検討してみましょう

個人年金への加入の必要性について

現状の年金の準備では充分な生活をすることが出来ないというような場合であれば、個人年金に加入する必要性は高くなりますし、年金の準備が充分である、または老後に生活の費用にあてることができる財産があるというような場合には個人年金の必要性は低くなります。 それぞれの人の状況に合わせて必要性を判断することが必要となるでしょう。 もし、専門家にアドバイスしてもらいたいということなら、ファイナンシャルプランナー(FP)の無料保険相談を利用することをおすすめします。 相談者個々のライフプランに基づいて、「何が」「どのくらい」「いつまで」必要なのか、それらを準備するにはどうすればよいか、アドバイスをしてくれます。 最寄のFPはこちらから簡単に探せます。↓
検索