保険型の個人年金

公的年金では不足する老後の資金を補うことを目的として利用されることが多いのが個人年金です。
個人年金の種類としては大きく二つに分類されます。
その中の保険型といわれるものには、種別としては、被保険者が生きている限り一生涯払われる年金である終身年金、退職から公的年金支給までのつなぎの資金として使ったり、退職後の一時的な資金として使える確定年金や、本人死亡の場合は支払われない代わりに保険料の安い有期年金などがあります。
保険型は民間の生保や郵便局、JAで扱われています。

貯蓄型の個人年金

もう一つのタイプは貯蓄型といわれるもので証券会社や銀行、信託銀行、郵便局、JAで取り扱っています。
終身タイプと確定タイプに分かれます。
終身タイプは、その名の通り被保険者が生きている限り支払われる年金ですが、貯蓄型の場合は、金融商品の利息部分を年金として支払うもので、今現在の所では、生活費の足しになるほどの高利息の商品は存在しません。
もし利息部分だけで生活費を捻出するとなると、かなりの金額を用意する必要があります。
逆に資金に余裕がある場合、元本を遺産として相続させたいという目的であれば、証券会社などの貯蓄型の終身保険は利用価値があるでしょう。
その他貯蓄型にも確定タイプがあり、公的年金の支給開始までのつなぎであったり、退職後の旅行などの資金に使えるのですが、生保で提供している保険型の場合、目的の旅行先や必要な資金によっては一定額を限度とする場合があり、一般の金融商品である証券会社提供の個人年金のほうが使い勝手が良い場合もありますので、よく考慮しての選択をする必要があります。

生保(保険)型と証券会社(貯金型)の違い

個人年金の生保と証券会社はどう違う?

生保提供の保険型年金の運用方法は保険運用です。
一方証券会社提供の貯蓄型の運用方法は、公社債になります。
保険型の支払いの原資としては掛け金と利息の合計であり、貯蓄型の場合は、同じく掛け金と利息の合計のほか、利息のみの場合があります。
被保険者死亡の場合の支払い形式は、保険型の場合は、年金支払い前に死亡した場合、払込金額の一部しか戻りません。
年金開始後に死亡した場合、保証期間が過ぎると年金支払いはストップしてしまいます。
一方、貯蓄型年金の場合は、年金開始前に死亡したとしても掛け金と利息は全額残ります。
掛け金の条件としては、保険型は、性別、加入時の年齢により掛け金は変わりますが、貯蓄型の場合は、年齢、性別に関わりなく掛け金は同じです。

 

こうして比較してみると貯蓄型のほうが良いように見えますが、老後の生活費の補助としてみた場合、保険型のほうが適しています。
貯蓄型はあくまで貯蓄商品であり老後の生活費を補うという目的に関しては向きません。