アフラックの個人年金

【販売停止】

 

アフラックの個人年金は、他社と比べて戻り率が比較的高く、有利に老後の資金を積み立てられます。
プランの自由度も高いので、他社では自分に合ったプランが見つからなかった人でも、アフラックなら大丈夫な場合もけっこうあります

 

【契約例】
30歳で加入し、月1万円ずつ60歳まで積み立て、60歳から年金の受取を開始。
60歳から10年間、毎年387,740円を受け取れます。

契約年齢 30歳男性 月払保険料 10,000円
年金受取開始年齢 60歳 払込保険料総額
(A)
3,600,000円
受取年金総額
(B)
3,877,400円 戻り率
(B)/(A)
107.70%
  • 加入年齢は45歳まで。(年金受取開始年齢や保険料払込期間によって変わります。詳細はこちら
  • アフラックの個人年金は、保険料の払込期間を例えば55歳までにして、年金受取開始年齢を60歳にするといったことも可能です。
  • 年金受取開始年齢を遅くすると、戻り率は上がります。
あなたのケースではどうなるか、こちらのページで簡単に資料を請求できます。

【販売停止】アフラック個人年金の資料請求はこちら

アフラック個人年金の口コミ

商品自体も他社に比べて良かったのと、私自身アフラックの医療保険に入っていて、入院した際の対応が大変良かったので、個人年金もアフラックにしました。
評価:
(34歳女性)

自営業で、国民年金と国民年金基金だけでは心もとないと思い、加入しました。
国内の保険会社は、以前いくつも倒産したときに結構逆ザヤに苦しんでいたという記憶があり、かえって外資のほうが安全な気がして、アフラックを選びました。
評価:
(44歳男性)

よくある質問

アフラックは外資系ですが、経営状況が悪化して本国に引き上げたりしないでしょうか?

個人年金は契約期間が長いですから、その間に保険会社に何が起こるかは、誰も想像できません。ご質問のような状況も絶対に起こらないとは言い切れません。これは、アフラックに限らず、日本の保険会社でも同じことが言えます。今から20年ほど前に、生保会社がいくつも倒産しましたが、誰も予想できませんでした。
例えば、現状の経営状況や毎年発表されるソルベンシーマージン・格付け会社による格付け状況ではアフラックは良い評価を得続けていることから考えれば、下手な日本の生保よりも信用できるとも考えられると思います。

年金の受け取り方は後から変えることはできますか?

できます。
例えば、年金方式ではなく、一括で受け取るように後から変更することもできますし、年金の受取開始年齢を繰り下げることもできます。
これらの場合、受取総額は、当初の金額と違ってきます。(一括の場合は少なくなり、繰り下げの場合は増えます)